初めてのムダ毛処理に手間取る私

周りの人間の「初めてのムダ毛処理」はどんなものだったのかがとても気になる。多くの人は小学高学年から中学にかけて第二次性徴期を迎え、もとよりある毛は濃くなりそれとは別にそれまでない場所にまで体毛が生えだす。夏になればプールがあり、否応なしに処理を迫られる。しかし、私個人の体験で言えば思春期特有の羞恥心から親に「毛をそりたいからかみそりを買ってくれ」などとてもじゃないけれど言うことは出来なかった。というわけで、父親のひげそり用のものを無断で拝借していた。小遣いの中から薬局でかみそりを買おうにも店員の目が気になった。こういった子供は実は多いのではないかと思う。いったんそり始めてしまえば、ムダ毛処理などなんてことのないものだがはじめのハードルがとても高いのだ。このようなことは見た目を飾ることに抵抗の少ないおしゃれな子よりも、どちらかというと地味でファッションなどに頓着のない子のほうが当てはまるのかもしれない。濃いひげを同級生にからかわれても、いつまでもその産毛のひげをそらない男子生徒はそってしまうことでおしゃれに目覚めたなどと周囲に思われることを恥じてからかわれるままにしているのではないか。ムダ毛処理というのは、友人と気軽に話すにはすこしデリケートな話題なのだ。そういったムダ毛処理に関する悩みを、にきびでいうところの「プロアクティブ」のように若い人間にある共通の悩みとして発信する媒体や商品があればいいように思う。

エステ・タイム西宮北口店で脱毛体験をしてきました。三回で千円というのをネットで見たので、ネットから予約を入れてまずはカウンセリングへ行きました。正直なところ三回で千円なんてどうなの?と少し不安でしたが、カウンセリングへ行ってみて怪しいならば辞めてもいいかなと思いながら当日を迎えました。
カウンセリング時間は60分くらいでして、病歴やエステでの脱毛経験をした事があるかとか、肌質なんかの質問を受けました。
そして第一回目の予約を入れて終わりました。
次回来るまでに、無駄毛をカミソリなどで自己処理しておくように言われました(当日は避けるようにと)無駄毛が邪魔になると脱毛できないようなのです。私は2日前にカミソリで無駄毛を処理しました。

いよいよ当日を迎えましたが、当日は肌をチェックしながらまずは腕の脱毛を受けました。
エステ・タイム独自のプラチナショット脱毛という脱毛でした。
まとを絞って脱毛できるので脱毛むらが少ないそうです。綺麗な健康美人的なつるつる肌になりたいなと思いました。
正直一回の脱毛ではあまり実感はありませんでしたが、3週間後に二回目をしてもらい、また3週間後に三回目の脱毛をしました。三回終えたところで、脱毛したところのツルツル感を感じられて、このまま続けてみたいなの気持ちになりまして、結局そのまま継続しました。
この脱毛法方で月に一回ペースでやっていると毛が生えてこなくなるそうなので、しばらく根気強く通ってみる予定です。何かあっても病院と提携しているので、そこも安心のポイントが高く、継続してみようと思ったきっかけの一つになりました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>